Category / 展覧会

2021.10.02

Colors 染めの世界

恩師のご退職に合わせ、母校で先輩方と展覧会を開催中です。

Colors 染めの世界・八幡はるみと卒業生
9/25(土)-10月6日(水)
11:00-18:00
京都芸術大学ギャラリーオーブ
※完全予約制
https://www.yahataharumi.com

ーーー

恩師について。

「haru nomura」を1本の樹に例えるならば、幹から2本に分かれる枝があります。

1本目の枝は、ブランドとしての枝。使い手に寄り添う「使いやすい」ものを、安定的に供給できるように作っていくライン(旅するかばん、Pocket、定番トート etc)。
2本目の枝は、作家としての枝。素材の可能性や造形の面白さを追求し、手遊びを通して、ものづくりの幅を広げていくライン(きれはしかばん etc)。
パッと見れば、一本の樹。でもよく見ると、どちらかの枝が伸び悩んでも、作り続けることができるよう、栄養を分散しています。

そんな樹の育て方を教えてくれたのが、私の恩師、八幡はるみ先生です。
八幡はるみ先生は、枝の剪定も得意です。ハサミを的確な場所に、グサっと入れてくれます。

例えば、いつだったか「センス」について悩んでいた時。
芸術大学にいると、センスの塊のような人に出会うことがあります。
なぜそんな色づかいができるの?どうしてそんな伸びやかな線が引けるの?自分の才能のなさに、ウジウジしていた院生時代。

そんな時「センスはある程度でいい。あなたはブランドとしての思想を深めなさい」と、先生はハサミを入れてくれました。当時はかなり衝撃。今思えば、先生の剪定がなければ、伸びる枝も伸びていかなかった、そう思うのです。センスに囚われていたら、枝は確実にポキっと折れていたでしょう。大学時代に「恩師」と呼べる人に出会えたこと。それが私にとって、何よりの幸運だったと思います。

近くて遠い、憧れの存在。
染織の未来を切り開いた作家であり、素晴らしい指導者。
つくる楽しさも、苦しさも教えてくれた方。
聡明で美しい人。お料理上手で犬が好き。
私の生涯の恩師、八幡はるみ先生。

ーーー

Photo by yukimoriya

2021.07.29

良い夏を。

春から続いていた、展示会ラッシュが終わりました。
まだ寒さが残る3月「京都伊勢丹」から始まり、4〜6月「岡崎蔦屋書店」、そして先週「京都恵文社」での展示が終わると季節はすっかり夏になっていました。

残ったのは、すっからかんのアトリエと、皆様とのご縁。
まずは気分転換に、アトリエ掃除から始めます。

しばらくはアトリエに籠って、お待たせしているかばんを仕上げたり、ウェブストアを充実させたり、本を書いたり、新作に向かう時間にしたいと思います。

お世話になった皆様、SNSで気にかけてくださった皆様、ありがとうございました。

みなさま良い夏を。

Photo by Yoshitaka Shimada

2021.06.24

スロウトリップ

次回、展示のご案内です。
新作の「Pocket」全色のお披露目や、巾着の販売など新作がたくさん並びます。
京都恵文社一乗寺店さまでの展示です。

———–

haru nomura sacks and bags works exhibition 
「スロウトリップ」

2021年7月10日 (土)~ 7月23日(金)
Open11:00~Close19:00 (最終日は14:00)
恵文社一乗寺店 生活館ミニギャラリー
〒606-8184 京都市左京区一乗寺払殿町10


ほんとうは、旅に出たい。
自由に外出ができなかったこの1年半、そう願わない日はありませんでした。

今回の展覧会テーマの「スロウトリップ」とは造語で、のんびりとした小旅行を意味します。
現在、海を越えた移動は制限されていますが、ひとつ向こうの駅まで足を伸ばして、初めてみる景色の中に身を置くことはできます。
今回のコレクションでは、そんな小さな旅にあう、身軽でカジュアルなかばんを提案します。

中でも新作の「Pocket」は、手ぶらで歩きたい時、ポケットを一つ増やす感覚で身につけられるかばんです。
スカートやパンツのシームポケットを参考に、物をすっきり持ち運べるかたちを目指しました。
また「Pocket」には、新しいブランドタグがデザインの一部としてついています。
タグには、使用した植物染料、媒染剤、染色した日と温度・湿度の染色データが記されています。

ふとTripの意味を調べてみると、小旅行に続いて、散歩・ひと走り、ある辞書には通勤とありました。
私たちは気がつかないうちに、日常の中でも小さな旅に出ていたようです。
毎日の旅のお供に、haru nomuraのかばんがあると嬉しいです。

———–
Photo:堀井ヒロツグ
Styling :仲村健太郎 /小林加代子
Model: 吉田紳平

2021.04.11

POP・UP 情報

いよいよ来週から、京都岡崎蔦屋書店さまでのPOP・UPが始まります。
今回の商品のラインナップは、定番のトートバッグ、旅するかばん、フレコンバッグ、ストールの他、
新作のかばん「Pocket」&新しくなったharu nomuraのタグ初お披露目です。

15日が初日ですが、展示入れ替えのため午前中は搬入になります。
午後15時過ぎから、ゆっくりお手にとって商品ご覧いただけます。

京都岡崎蔦屋書店さまも面白いセレクトの1日楽しめる本屋さんですし、周りは平安神宮、京都市美術館、京都市動物園と文化的な岡崎エリアです。
POPUPの期間も長いので、岡崎にお出かけがてら「haru nomuraのかばん」ご覧いただけたら幸いです。

<haru nomura POP UP・京都岡崎蔦屋書店>

2021年4月15日(木)15:00〜5月31日(月)
京都岡崎 蔦屋書店
京都府京都市左京区岡崎最勝寺町13 ロームシアター京都 パークプラザ1階

2021.03.29

4月/京都岡崎蔦屋書店

ジェイアール京都伊勢丹様でのPOP・UPが無事終了しました。
お越しいただいた皆様、SNS等で気にかけてくださった皆様、誠にありがとうございました。

私の百貨店の思い出というと、市内にひとつだけあった百貨店の7階、お祝いの日に家族で食べた中華料理。
友人の結婚式用に、背伸びして化粧品売り場で買ったDiorの口紅。私にとって百貨店は、特別な日のお出かけや、特別なものを求めるお店。
今回、そんな場所にharu nomuraのかばんを置いてもらえて、とても嬉しかったです。

次回POPUPは、4/15~5/30 京都岡崎蔦屋書店様で行います。
新作の、ポケットみたいなかばん、持って行く予定です。
haru nomuraの新しいタグもお披露目します。

<2021前半・POP UPの予定>
3/10~3/16 ジェイアール京都伊勢丹
4/15~5/30 京都岡崎蔦屋書店
7/10~7/23 恵文社一乗寺店 ・生活館ミニギャラリー

2021.02.13

3月/ジェイアール京都伊勢丹

<haru nomura展示販売会・ジェイアール京都伊勢丹>

2021年3月10日(水)〜3月16日(火)最終日午後6時終了
open10:00~close20:00
ジェイアール京都伊勢丹8階 ザ・ステージ#8

今年初めての展示販売会は「ジェイアール京都伊勢丹」さまで行います。
実際にお手にとって商品をご覧いただける、貴重な機会です。

今回は、グループでの展示販売になります。セミオーダーの靴や、洋服やアクセサリーなど春を感じるアイテムが揃います。
また詳細は日にちが迫った頃にお知らせします。

期間中は、野村とスタッフが店頭に立って接客します。
ぜひ、いらしてくださいね。

3月10日、京都の緊急事態宣言も明け、気候もより春らしくなっている頃でしょうか。
今は静かに、せっせと手を動かします。

photo by yukimoriya

2020.11.07

ふくろとかばん

京都一乗寺恵文社さんでの展示、盛況で会期を終えることができました。
お越しいただいた皆様、気にかけてSNS等で応援してくださった皆様、感謝申し上げます。
誠にありがとうございました。

haru nomuraのブランドのはじまりは、恵文社での展示でした。
そこで初めてブランド名がついて、名刺やタグを揃え、DMを作りました。

それから、6年後。
また恵文社で展示ができました。

学生時代から私を知っている方に、

ものづくりを続けていけるのだろうか・・・
つくったものが、きちんと誰かの暮らしの中で役立つのだろうか・・・

とボヤくと、6年前も全く同じこと言っていたよと笑われました。

私自身は相変わらずボヤいていますが、
お客さんの存在とクリエイティブな仲間たち、
いつの間にか、でも確かに、積み重なっていく時間が
救いになって続いています。

また恵文社で展示する日に向けて、これからもボヤきつつ手を動かしていきたいです。

2020.10.24

展覧会関連イベント「草木で染めるミニサコッシュ~Zoomワークショップ~」

11月3日文化の日、ご自宅の台所で草木染めを楽しんでみませんか?
材料は事前に郵送、当日はZoomを利用してオンラインでワークショップを行います。
インド茜(赤色)、ざくろの皮(黄色)、ログウッド(紫色)の3種類の植物からお好きな1色をお選びいただけます。

  ●日時:2020年11月3日(火・祝)13時〜15時
  ●場所:Zoomにて遠隔ワークショップ
  ●費用:おひとり5000円(ミニサコッシュ1個・材料・送料込み・税込)
  ●募集人数:10名

※染色がはじめての方、親子参加も大歓迎
※小学生未満のお子さまは保護者の方が同伴してください。
※今回はオンラインでのワークショップです。事前にZOOMに登録をお願いします。
※汚れても良い服装もしくはエプロンで参加してください。

●各自でご準備いただくもの
①計量カップ 1個(ない場合は500ccまたは2ℓのペットボトル)
②台所用のゴム手袋 2組
③洗面器1つ(お風呂で使う大きさ)
④2ℓの水が入るステンレスの鍋oeステンレスボール 1個(アルミや鉄製の容器を使うと色がにごります)
⑤菜箸 2本
⑥雑巾 2枚

[お申し込み方法]
お名前・住所・電話番号・人数・ご希望の植物<インド茜(赤)・ざくろの皮(黄)・ログウッド(紫色)>を明記のうえ、
メール(harunomura.bag@gmail.com)またはinquiryにてお申し込みください。

[締め切り]
2020年10月31日(土)

2020.10.16

haru nomura sacks and bags works exhibition ふくろ と かばん

風を受ければ大きく膨らみ、風が通り過ぎればもとの布切れに戻る。
空っぽの中には何でも入り、あらゆるものを受け止められる。
そんな大らかな「ふくろ」。

haru nomruaの追い求めるかたちは、
「かばん」ではなく「ふくろ」でした。

工事現場のフレコン、米を保存・運搬する米袋、手提げの紙袋、巾着袋。
今回の展示では、用途の中で洗練された身近な「ふくろ」のかたちをヒントにした新作が並びます。

haru nomura sacks and bags works exhibition
ふくろ と かばん

2020年10月27日(火)〜11月2日(月) 
Open11:00~Close19:00 (最終日は16:00)
恵文社一乗寺店 ギャラリーアンフェール
〒606-8184 京都市左京区一乗寺払殿町10


Movie: Yoshitaka Shimada
Logotype: Kentaro Nakamura
Voice: Akari Nomura

2020.09.22

10月展示販売会のお知らせ

10月は、京都で展覧会を2つ開催します。
___

展示販売会の予定
10月10日〜10月11日 京都 ( 白亜荘/ 生活とアートの実験室「月ノ座」)
10月27日〜11月2日 京都 (恵文社)
___

1つ目は、左京区吉田の京都「白亜荘」での展示。編集者・文筆家の村松美賀子さんが主催している、生活とアートの実験室「月ノ座」にお邪魔して2日間展示販売会をします。白亜荘は百年前に建てられた洋館アパートメント。設計はウィリアム・メレル・ヴォーリズで、もとは隣接した教会にやってくる学生のための宿泊施設だったそうです。かばんはもちろん、ブローチやネックレスなど、手のひらサイズの小さきものたちを展示販売します。

2つ目は、左京区一乗寺の「恵文社」での展示。haru nomuraのブランドとしてのスタートは2014年、京都・恵文社さんでした。6年の歳月を経て、今回は「ふくろとかばん」をテーマに、かたちに着目したかばんを中心に展示販売します。「フレコンバッグ」や「お米のかばん」をはじめ、オンラインストアでは欠品中の「定番トート」や「育てるしかく」など定番のものも、展示に向けて準備しております。

詳細は、会期が近づき次第お知らせいたします。

__

写真は、2017年の秋撮影。
旅するかばんで旅した日。

haru nomura 2017 autumn
Photo by yukimoriya

2020.09.01

東京・展示会中止のお知らせ

8月いっぱい開催しておりました大阪「kioku手芸館たんす」での展示、盛況で会期を終えることができました。
残暑厳しい中お越しいただいた皆様、気にかけてSNSで応援してくださった皆様、感謝申し上げます。
誠にありがとうございました。

さて、今後の展示について皆様にお知らせがあります。
9月15日〜9月22日に、東京の「準備中」で開催を予定しておりました展示を中止します。
新型ウイルスの感染が再度拡大している状況を踏まえ、中止を決定しました。
私としても、関東での初個展ということもあり、万全な状態で展示に臨みたいため、このような決断をしました。
楽しみに待っていてくださった皆様、申し訳ございません。頃合いをみて、開催できたらと考えています。

10月27日〜11月2日に予定しております、京都「恵文社」での展示は開催予定です。
また詳細につきましては、会期が近づいてきた頃にお知らせします。

よく思い出し噛み締める、私の友人がポツリと教えてくれた言葉。
「みちくさして、石ころ蹴りながら、ゆっくりいこー」
9月はコツコツコツコツ、手を動かしていきたいです。

2020.08.07

8/7〜 haru nomura new Bags!!

フレコンバッグに続き、袋の構造シリーズも第2弾。
今回は、米袋の構造をヒントにかたちが生まれました。
明日からはじまる「kioku手芸館たんす」での展示で、3点先取りで発売します。

※8/7~8/10までの展示予定でしたが、嬉しいことに期間が延長になりました!!
12(水)、15(土)・19(水)・26(水)・29(土) が追加日です。

再度詳細を記載しますね↓

ーーーーーーーーーーーーーーー
kioku手芸館たんす haru nomura 展示販売会
・日程 2020年8/7(金)・8(土)・9(日)・10(月・祝)・12(水)、15(土)・19(水)・26(水)・29(土) <期間が延長となりました>
・時間 13:00-19:00
・住所:大阪市西成区山王1-11-5
・アクセス:地下鉄御堂筋線・堺筋線 動物園前駅②出口より徒歩5分

<展示販売会について>
現在の感染状況を考慮して、会期中に開催予定だったワークショップは延期に、在廊はリモートで行うことになりました。
画面越しにアトリエでの作業の様子を見てもらいつつ、お話できたらと思います。

・ZOOMでのオンライン在廊
8/8(土)13:30~16:30
8/10(月)13:30~16:30

お客様には、飛沫感染防止のためマスク着用のご協力よろしくお願い致します。
ご不便をお掛け致しますが何卒ご理解頂けましたら幸いです。
ーーーーーーーーーーーーーーー

2020.08.04

たんす・展示販売会について

明るい色彩の、麻ストールが染め上がりました。
手に取るお客様の気持ちも、晴れやかになりますように。

上から、藍、藍、藍、柘榴×楊梅、柘榴の鉄媒染、柘榴、楊梅、楊梅×茜、茜、茜。
異なる2色の植物で重ね染めをしたり、染液の濃度、媒染剤の量によって、1つ1つの色を生み出しています。

首元のおしゃれに、夏の冷房対策や日焼け対策に、さらっと快適な麻生地のストールです。

8/7-10の4日間、kioku手芸館「たんす」にて販売いたします。

・日程 2020年8/7(金)・8(土)・9(日)・10(月・祝)
・時間 13:00-19:00

ーーーーーーーーーーーーーーー

<展示販売会について>
現在の感染状況を考慮して、会期中に開催予定だったワークショップは延期に、在廊はリモートで行うことになりました。画面越しにアトリエでの作業の様子を見てもらいつつ、お話できたらと思います。

・ZOOMでのオンライン在廊
8/8(土)13:30~16:30
8/10(月)13:30~16:30

お客様には、飛沫感染防止のためマスク着用のご協力よろしくお願い致します。ご不便をお掛け致しますが何卒ご理解頂けましたら幸いです。

住所:大阪市西成区山王1-11-5
アクセス:地下鉄御堂筋線・堺筋線 動物園前駅②出口より徒歩5分

ーーーーーーーーーーーーーーー

2020.07.15

kioku手芸館「たんす」展示販売会

昨年もお世話になった、kioku手芸館「たんす」にて4日間限定で展示させていただくことになりました。
大阪でいっちゃん好きな場所。人間らしくておもろい街。ご縁に感謝です。

このような状況下での展示、まずは新型コロナウイルス感染拡大防止に努めます。
お客様には、飛沫感染防止のためマスク着用のご協力よろしくお願い致します。
ご不便をお掛け致しますが何卒ご理解頂けましたら幸いです。

__
kioku手芸館たんす\haru nomura 展示販売会・ワークショップ(延期)/

8/7-10の4日間で草木染めかばん「haru nomura」の展示販売とワークショップを実施します!
みなさまのお越しをお待ちしております!
__

●展示販売会
定番のかばんのほか、麻を素材にした新商品やかごバック、ストール、草木染めの木のアクセサリーなど小物も販売予定です。

日程 2020年8/7(金)・8(土)・9(日)・10(月・祝)
時間 13:00-19:00

●ワークショップ「おしゃべりなかばん」
持ち寄った布を、おしゃべりしながら分け合って、生地をつなげてかばんをつくりましょう。布にまつわるエピソード、嬉しい記憶も悲しい記憶も、隣り合ったり重なりあったり。仕上がったかばんは、沢山の記憶を語りかけてくる。世界に一つの、おしゃべりなかばん。

日 時 8/8(土) ・ 10(月・祝) 13:30-16:30 *13:00 受付開始
講 師 野村 春花(haru nomura)
参加費 3,000円(お茶付)
定 員 各日5名(要申し込み)
持ち物 古着や不要な布・切れ端など、裁縫セット 
*「たんす」にある古着や裁縫道具もご使用いただけます。
(ワークショップは新型コロナウイルスの感染拡大を受けて延期となりました)

kioku手芸館「たんす」
住所:大阪市西成区山王1-11-5
アクセス:地下鉄御堂筋線・堺筋線 動物園前駅②出口より徒歩5分

2020.03.31

展示延期のお知らせ

<展示延期のお知らせ>
新型ウイルスの感染状況を踏まえ、予定しておりましたharu nomura bags works exhibition「ふくろ と かばん / sacks and bags」の開催を延期します。

展示に向け数ヶ月前から制作を進めてまいりましたが、お客様の感染リスクを減らすため、また万全な状態で展示をみていただきたいため、今回延期を決定しました。

展示用に作り貯めた商品たち、harunomuraのオンラインショップとちせさんのオンラインショップで販売を予定しています。完売していた大きなかばんもあります◎

眺めているだけでもワクワクした気持ちになれるもの、お届けします!オンラインショップについては、整い次第、告知いたしますのでよろしくお願いいたします。

手洗い、うがい、草木を眺め、手を動かして、食べて、よく眠りましょう!

2020.03.26

展示のお知らせ「ふくろ と かばん / sacks and bags」

haru nomura bags works exhibition
「ふくろ と かばん / sacks and bags」
——-
2020年4月11日(土)〜4月26日(日)
Open11:00~Close18:00
定休日:水・木
〒606-8273 京都府京都市左京区北白川別当町28
北白川ちせ
——-
春いちばん、展示のお知らせです。

蘇芳、えんじゅ、ログウッド。
やまもも、矢車、柘榴、びわの葉。
五倍子、茜、柿渋、藍。
色とりどりの草木のふくろが、
新しい春を彩ります。
工事現場のフレコンバッグ、紙製の米袋。
身近にある「袋」のかたちをヒントに生まれた、新作かばんも並びます。

<かばんの健康診断>
作家が在廊し、以前にご購入頂いたharu nomuraのかばんのお直し(修理・補修等)のご相談をお受けします。4月11日(土)25日(土)26日(日)

——-
※新型コロナウイルスに関する大切なお知らせ
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当店では定期的に店内の換気をします。お客様にはご来店時に接触感染防止のため店内にあるアルコール消毒液にて手の消毒、飛沫感染防止のため咳など風邪の症状のあるお客様はマスク着用のご協力よろしくお願い致します。

また狭い空間ですのでクラスター(小規模集団感染)防止のため各階に3名以上お客様さまが在店される場合はご入店をお待ち頂き予防に努めます。

皆様のご来店心よりお待ち致しておりますので、ご不便をお掛け致しますが何卒ご理解頂けましたら幸いです。どうぞ宜しくお願い致します。

2020.02.15

2020年 展示会の予定

今年は春、晩夏、秋に、展示販売・受注会をします。
春の芽吹き、夏の青葉、そして秋の実りに備えて、今は冬籠り。
土の中の種のようにじっと、試作を重ねる日々です。

4月11日〜4月26日 
京都/ちせ 

9月15日〜9月22日 
東京/準備中

10月27日〜11月2日 
京都/恵文社

それぞれの季節を通して、積み重なっていくような展示になればと思っています。

会期の在廊中には「かばんの健康診断」も実施予定です。
以前に購入していただいた、かばんのメンテナンスのご相談もお持ちしております。

Category
Archive