2021.10.02

Colors 染めの世界

恩師のご退職に合わせ、母校で先輩方と展覧会を開催中です。

Colors 染めの世界・八幡はるみと卒業生
9/25(土)-10月6日(水)
11:00-18:00
京都芸術大学ギャラリーオーブ
※完全予約制
https://www.yahataharumi.com

ーーー

恩師について。

「haru nomura」を1本の樹に例えるならば、幹から2本に分かれる枝があります。

1本目の枝は、ブランドとしての枝。使い手に寄り添う「使いやすい」ものを、安定的に供給できるように作っていくライン(旅するかばん、Pocket、定番トート etc)。
2本目の枝は、作家としての枝。素材の可能性や造形の面白さを追求し、手遊びを通して、ものづくりの幅を広げていくライン(きれはしかばん etc)。
パッと見れば、一本の樹。でもよく見ると、どちらかの枝が伸び悩んでも、作り続けることができるよう、栄養を分散しています。

そんな樹の育て方を教えてくれたのが、私の恩師、八幡はるみ先生です。
八幡はるみ先生は、枝の剪定も得意です。ハサミを的確な場所に、グサっと入れてくれます。

例えば、いつだったか「センス」について悩んでいた時。
芸術大学にいると、センスの塊のような人に出会うことがあります。
なぜそんな色づかいができるの?どうしてそんな伸びやかな線が引けるの?自分の才能のなさに、ウジウジしていた院生時代。

そんな時「センスはある程度でいい。あなたはブランドとしての思想を深めなさい」と、先生はハサミを入れてくれました。当時はかなり衝撃。今思えば、先生の剪定がなければ、伸びる枝も伸びていかなかった、そう思うのです。センスに囚われていたら、枝は確実にポキっと折れていたでしょう。大学時代に「恩師」と呼べる人に出会えたこと。それが私にとって、何よりの幸運だったと思います。

近くて遠い、憧れの存在。
染織の未来を切り開いた作家であり、素晴らしい指導者。
つくる楽しさも、苦しさも教えてくれた方。
聡明で美しい人。お料理上手で犬が好き。
私の生涯の恩師、八幡はるみ先生。

ーーー

Photo by yukimoriya

2021.07.29

良い夏を。

春から続いていた、展示会ラッシュが終わりました。
まだ寒さが残る3月「京都伊勢丹」から始まり、4〜6月「岡崎蔦屋書店」、そして先週「京都恵文社」での展示が終わると季節はすっかり夏になっていました。

残ったのは、すっからかんのアトリエと、皆様とのご縁。
まずは気分転換に、アトリエ掃除から始めます。

しばらくはアトリエに籠って、お待たせしているかばんを仕上げたり、ウェブストアを充実させたり、本を書いたり、新作に向かう時間にしたいと思います。

お世話になった皆様、SNSで気にかけてくださった皆様、ありがとうございました。

みなさま良い夏を。

Photo by Yoshitaka Shimada

2021.06.24

スロウトリップ

次回、展示のご案内です。
新作の「Pocket」全色のお披露目や、巾着の販売など新作がたくさん並びます。
京都恵文社一乗寺店さまでの展示です。

———–

haru nomura sacks and bags works exhibition 
「スロウトリップ」

2021年7月10日 (土)~ 7月23日(金)
Open11:00~Close19:00 (最終日は14:00)
恵文社一乗寺店 生活館ミニギャラリー
〒606-8184 京都市左京区一乗寺払殿町10


ほんとうは、旅に出たい。
自由に外出ができなかったこの1年半、そう願わない日はありませんでした。

今回の展覧会テーマの「スロウトリップ」とは造語で、のんびりとした小旅行を意味します。
現在、海を越えた移動は制限されていますが、ひとつ向こうの駅まで足を伸ばして、初めてみる景色の中に身を置くことはできます。
今回のコレクションでは、そんな小さな旅にあう、身軽でカジュアルなかばんを提案します。

中でも新作の「Pocket」は、手ぶらで歩きたい時、ポケットを一つ増やす感覚で身につけられるかばんです。
スカートやパンツのシームポケットを参考に、物をすっきり持ち運べるかたちを目指しました。
また「Pocket」には、新しいブランドタグがデザインの一部としてついています。
タグには、使用した植物染料、媒染剤、染色した日と温度・湿度の染色データが記されています。

ふとTripの意味を調べてみると、小旅行に続いて、散歩・ひと走り、ある辞書には通勤とありました。
私たちは気がつかないうちに、日常の中でも小さな旅に出ていたようです。
毎日の旅のお供に、haru nomuraのかばんがあると嬉しいです。

———–
Photo:堀井ヒロツグ
Styling :仲村健太郎 /小林加代子
Model: 吉田紳平

Category
Archive