2019.12.19

haru nomuraのかたちを探す旅 #4 「つくる」前の「つくる」過程

毎日ずっと好きなことをできていいね、とよく人から言われる。
染めること、手を動かすことが本当に好きなので、確かにと自分でも思う。

でも実際は、365日中お客様の手に届くものをつくっているのは150日くらいで、後の150日はかたちのリサーチ、試作、先生の仕事。残りの50日は、商品を発送したり、素材を仕入れたりと事務的な作業をしている。さらに残りの15日は、自身のものづくりの至らなさに落ち込み、反省していたりする。かたちにするまでの見えない時間の方が、実は随分と長い。

そんな、見えない時間のコラムも第4回目。
今回は、「つくる」前の「つくる」過程について書いてみようと思う。

どんなかたちにも、理由がある。

例えば、日本の着物のかたち。
日本の着物は、直線断ちの生地の縫い合わせで構成されている。洋服に比べ単純だが、解けば元の四角い布の形に戻るので、着物を解いて洗ったり仕立て直したりすることが簡単にできる。無駄なく、機能的で、理にかなったかたち。

新作のかばんは、感覚的な作り方ではなく、気になる袋をリサーチして、そのかたちの素を紐解きながら作ってみようと決めた。

追い求めていたかたちが「袋」にあったことに気づいた私は、まず、ホームセンターにある袋を集めてみた。足を運んでみつけたものもあれば、農具や漁具の専門のホームセンターから取り寄せたものもある。

中でも「フレコンバッグ」という袋に興味を持った。

フレコンバックとは「フレキシブルコンテナバッグ(Flexible Container Bags)」の略で、一般的に「フレコンバッグ」か「フレコン」と呼ばれている。大量の土砂などを入れて運んだり、移動させたり、積み上げて土留めにするのに適している袋だ。工事現場での木材入れや、大型酒店の店先で空き缶回収用に見かけることも多い。柔らかな素材(ポリプロピレン、ポリエチレン)で作られていて、使用しない時は小さく折り畳むことができる。かたちは丸型か角型で、フォークリフトやクレーンで吊り上げて移動させる。

早速、小さなアトリエの床に1tの土砂が入る袋を広げた。
フレコンの素材自体は、柔らかく軽い。縫製も複雑ではなく、トートバックの延長のように簡単。時には、1トンもの重量を支えるフレコンの丈夫さの秘密はどこになるのだろう。

観察、試作の日々が始まった。

2019.12.11

harunomuraのかたちを探す旅 #3 haru nomura bag? haru nomura sack?

育てるしかくの制作後、かばん教室では先生の型紙を借りて「鞄」を制作していた。
ゴールドの調節金具付き、牛革の多機能ポシェット。
背中にウレタン、随所に革をあしらい、鞄の底に鋲を打ち付けたリュックサック。

一つの鞄を仕立てるまでに、学べることが百あった。
できた鞄はとても立派だった。

けれど、私が心地よいと思うかたちではなかった。気の知れた仲間にこっそり見せては、どうかな?と尋ね、ちょっと何かが違うよね??を確認する日々。

この違和感は一体どこからくるのだろう。
「鞄」とはなんだろう。「袋」とは何が違うのだろう。

ひとまず「鞄」と「袋」の違いについて整理してみることから始めた。

~~

まず、日本における「鞄」と「袋」の歴史を振り返ってみた。

「鞄」が日常生活で使われるようになったのは、明治の文明開化からと言われている。外国人の来訪とともに「トランク」として輸入されたものが「鞄」となった。一説には、明治6年、大阪の商人がフランスから「鞄」を持ち帰り、それを模倣してつくったのが日本で初めとされている。歴史をたどってみて、鞄が身近な存在として一般に浸透してから、まだ100年ちょっとしか経っていないことに驚いた。

それ以前の日本では、袋の文化が主流であった。
日本で最初に記録された袋物は『古事記』の日本武尊が携帯した火打袋だそうだ。

かつての日本には沢山の袋があった。
ざっと並べてみれば、薬袋、頭陀袋、信玄袋、番袋、糧食袋、千代田袋、段袋、宿直袋、風呂敷袋…。
巾着袋のようになんでも入る大きな袋もあれば、茶道で用いる「仕覆」のように物の形にぴったりと沿った袋もあった。

「袋」の進化としての「鞄」ではなく、それぞれに文化があった。
鞄>袋でも鞄<袋でもなく、鞄≒袋だったのだ。

~~

次に「鞄」と「袋」は一般的にどのように区別されているかを調べた。辞書にあたってみたけれどしっくりくるものがなく、今回はWikipediaを参考にした。

「鞄」
→鞄(かばん)は、荷物の運搬を目的とした取っ手がついた主として革や布でできた袋状の服飾雑貨のこと。服飾雑貨として認知されない袋状のものは取っ手がついていても単に「袋」と呼ばれ、主に収納目的のものはケースと呼ばれることが多い。

「袋」
→袋(ふくろ)とは物を入れる容器の基本的な形状の一つである。柔軟な素材で作られ、内容物のないときは折りたたむなどして小さくまとめることに向く。日用品のうちの容器としても広く使われるが、単に「袋」と呼ぶ場合には、運搬用の道具として専門的に発達した鞄より簡単な形で、多くは持ち運べる物をさす。

語弊を恐れず要約すれば、鞄は服飾雑貨。袋は、鞄より簡単な形で運搬用の道具。
そう言えば、かばんの先生が提案してくれる装飾金具を、ことごとく渋る私がいた。
結局、私は「袋」のような簡素なかたちが心地よいのだ。

~~

君の作ってきたものは、全部、袋。

確かに先生、その通りだ。
事実、私はかばんの形について自らこのように語っていた。

−haru nomuraは、かばんを軸としたブランドです。かばんの形は直線縫いを基本とし、「シンプルな袋」のような仕立て方をしています。無駄な装飾が少ないため、生地の草木の色が引き立ち、軽量で、メンテナンスしやすい形です。一方で、感覚的に布を繋ぎ合わせたアートピースのような一点物のかばんも生産しています(https://haruka-nomura.info)−

ずっと袋であることが、恥ずかしかった。技術不足ゆえの逃げ道のように感じていたところがあったが、鞄に向き合ってみてわかった。私が追い求めていたかたちが、そもそも袋だったのだ。

ひょっとしたら、haru nomura bagではなく、 haru nomura sackなのかもしれない。

少し鞄から、離れよう。袋に戻ろう。
アトリエに工業用ミシンを置き、一人でミシンを踏み始めた。
ようやく、haru nomuraのかたちを探す旅が始まった。


参考資料
・額田巌『ものと人間の文化史 20 包み』法政大学出版局、1977
・田中優子『布のちから 江戸から現代へ』朝日新聞出版、2010
・森南海子『袋物のはなし』未來社、1992
豊岡かばんEXPO、日本の鞄の歴史(2019/12/11)

2019.11.30

haru nomuraのかたちを探す旅 #2 君の作ってきたものは、全部、袋。

「君の作ってきたものは、全部、袋」
かばん教室の先生が発した、第一声であった。

目の前の机の上に広げた、haru nomuraのかばんたち。
これまでかばんを作っていると思っていたので、衝撃の一言だった。手を抜いていると言われた気持ちになって、穴があったらかばんと一緒に入りたかった。

はじめは、工業用ミシンをひたすら空踏みすることから始まった。
数日間、糸を通していないミシンで、ずっと新聞紙に針の穴を開けた。足首のスナップの緩急で、動力ミシンの針は進む。踏み込みすぎると不本意な場所まで針が進んでしまうし、恐る恐る踏み込むと効率が悪い。

先生はミシンの音を聞いていて、音が安定するまで練習に付き合ってくれた。この道50年、職人の鑑のような先生だった。おかげですぐに工業用ミシンが扱えるようになった。

お世話になったかばん教室はとても柔軟で、一般的な教室のようにカリキュラムに沿って技術を高めていくのではなく、自分の作りたいデザインをかたちにしていく中で技術を習得していく方針だった。

まず私は、学生時代に発表した「育てるしかく」を復刻するところからスタートした。自分で商品を縫ってみて、わかったことがある。「育てるしかく」はかたちの割に、手数も多く、縫いにくい。サンプルを1個作る分には苦ではないが、量産するには、あまりにも職人泣かせだ。これまで何も考えずに、縫製工場にお願いしていたが、大反省した。

改良を加えつつ、3ヶ月かけて「育てるしかく」を10個縫い上げた。自分で縫えた達成感と、お待たせしているお客さんたちにやっとお渡しできる喜びを噛み締めた。その一方、ずっと先生の一言が頭から離れなかった。

「君の作ってきたものは、全部、袋」

しかし後々、その言葉が大きなヒントとなる。

Category
Archive