2020.10.24

展覧会関連イベント「草木で染めるミニサコッシュ~Zoomワークショップ~」

11月3日文化の日、ご自宅の台所で草木染めを楽しんでみませんか?
材料は事前に郵送、当日はZoomを利用してオンラインでワークショップを行います。
インド茜(赤色)、ざくろの皮(黄色)、ログウッド(紫色)の3種類の植物からお好きな1色をお選びいただけます。

  ●日時:2020年11月3日(火・祝)13時〜15時
  ●場所:Zoomにて遠隔ワークショップ
  ●費用:おひとり5000円(ミニサコッシュ1個・材料・送料込み・税込)
  ●募集人数:10名

※染色がはじめての方、親子参加も大歓迎
※小学生未満のお子さまは保護者の方が同伴してください。
※今回はオンラインでのワークショップです。事前にZOOMに登録をお願いします。
※汚れても良い服装もしくはエプロンで参加してください。

●各自でご準備いただくもの
①計量カップ 1個(ない場合は500ccまたは2ℓのペットボトル)
②台所用のゴム手袋 2組
③洗面器1つ(お風呂で使う大きさ)
④2ℓの水が入るステンレスの鍋oeステンレスボール 1個(アルミや鉄製の容器を使うと色がにごります)
⑤菜箸 2本
⑥雑巾 2枚

[お申し込み方法]
お名前・住所・電話番号・人数・ご希望の植物<インド茜(赤)・ざくろの皮(黄)・ログウッド(紫色)>を明記のうえ、
メール(harunomura.bag@gmail.com)またはinquiryにてお申し込みください。

[締め切り]
2020年10月31日(土)

2020.10.16

haru nomura sacks and bags works exhibition ふくろ と かばん

風を受ければ大きく膨らみ、風が通り過ぎればもとの布切れに戻る。
空っぽの中には何でも入り、あらゆるものを受け止められる。
そんな大らかな「ふくろ」。

haru nomruaの追い求めるかたちは、
「かばん」ではなく「ふくろ」でした。

工事現場のフレコン、米を保存・運搬する米袋、手提げの紙袋、巾着袋。
今回の展示では、用途の中で洗練された身近な「ふくろ」のかたちをヒントにした新作が並びます。

haru nomura sacks and bags works exhibition
ふくろ と かばん

2020年10月27日(火)〜11月2日(月) 
Open11:00~Close19:00 (最終日は16:00)
恵文社一乗寺店 ギャラリーアンフェール
〒606-8184 京都市左京区一乗寺払殿町10


Movie: Yoshitaka Shimada
Logotype: Kentaro Nakamura
Voice: Akari Nomura

2020.09.22

10月展示販売会のお知らせ

10月は、京都で展覧会を2つ開催します。
___

展示販売会の予定
10月10日〜10月11日 京都 ( 白亜荘/ 生活とアートの実験室「月ノ座」)
10月27日〜11月2日 京都 (恵文社)
___

1つ目は、左京区吉田の京都「白亜荘」での展示。編集者・文筆家の村松美賀子さんが主催している、生活とアートの実験室「月ノ座」にお邪魔して2日間展示販売会をします。白亜荘は百年前に建てられた洋館アパートメント。設計はウィリアム・メレル・ヴォーリズで、もとは隣接した教会にやってくる学生のための宿泊施設だったそうです。かばんはもちろん、ブローチやネックレスなど、手のひらサイズの小さきものたちを展示販売します。

2つ目は、左京区一乗寺の「恵文社」での展示。haru nomuraのブランドとしてのスタートは2014年、京都・恵文社さんでした。6年の歳月を経て、今回は「ふくろとかばん」をテーマに、かたちに着目したかばんを中心に展示販売します。「フレコンバッグ」や「お米のかばん」をはじめ、オンラインストアでは欠品中の「定番トート」や「育てるしかく」など定番のものも、展示に向けて準備しております。

詳細は、会期が近づき次第お知らせいたします。

__

写真は、2017年の秋撮影。
旅するかばんで旅した日。

haru nomura 2017 autumn
Photo by yukimoriya

Category
Archive