2020.03.26

展示のお知らせ「ふくろ と かばん / sacks and bags」

haru nomura bags works exhibition
「ふくろ と かばん / sacks and bags」
——-
2020年4月11日(土)〜4月26日(日)
Open11:00~Close18:00
定休日:水・木
〒606-8273 京都府京都市左京区北白川別当町28
北白川ちせ
——-
春いちばん、展示のお知らせです。

蘇芳、えんじゅ、ログウッド。
やまもも、矢車、柘榴、びわの葉。
五倍子、茜、柿渋、藍。
色とりどりの草木のふくろが、
新しい春を彩ります。
工事現場のフレコンバッグ、紙製の米袋。
身近にある「袋」のかたちをヒントに生まれた、新作かばんも並びます。

<かばんの健康診断>
作家が在廊し、以前にご購入頂いたharu nomuraのかばんのお直し(修理・補修等)のご相談をお受けします。4月11日(土)25日(土)26日(日)

——-
※新型コロナウイルスに関する大切なお知らせ
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当店では定期的に店内の換気をします。お客様にはご来店時に接触感染防止のため店内にあるアルコール消毒液にて手の消毒、飛沫感染防止のため咳など風邪の症状のあるお客様はマスク着用のご協力よろしくお願い致します。

また狭い空間ですのでクラスター(小規模集団感染)防止のため各階に3名以上お客様さまが在店される場合はご入店をお待ち頂き予防に努めます。

皆様のご来店心よりお待ち致しておりますので、ご不便をお掛け致しますが何卒ご理解頂けましたら幸いです。どうぞ宜しくお願い致します。

2020.02.15

2020年 展示会の予定

今年は春、晩夏、秋に、展示販売・受注会をします。
春の芽吹き、夏の青葉、そして秋の実りに備えて、今は冬籠り。
土の中の種のようにじっと、試作を重ねる日々です。

4月11日〜4月26日 
京都/ちせ 

9月15日〜9月22日 
東京/準備中

10月27日〜11月2日 
京都/恵文社

それぞれの季節を通して、積み重なっていくような展示になればと思っています。

会期の在廊中には「かばんの健康診断」も実施予定です。
以前に購入していただいた、かばんのメンテナンスのご相談もお持ちしております。

2020.01.29

きれはしかばん、かたちの塩梅

欠品していたきれはしかばんを、本日Storeに入荷しました。
今回は、お客様からのリクエストが多かった、ファスナー付き、斜めがけのきれはしかばんです。全て内ポケット付き。使いやすさと、きれはしを主役にしたヘンテコさ、かばん一点一点かたちの塩梅を吟味しながら作りました。

かばんの製作過程で、どうしても生まれてしまう布のきれはし。
きれはしは細長かったり、変形していたり、絡まり合ったり、ほつれていたり、色もさまざまです。きれはしかばんは、きれはしを主役に、できるだけハサミを入れず、ほつれや絡まりも大切なエッセンスとして生産につなげています。

きれはしかばんは自由なかばんですが、作る過程で無意識の制約があることに、最近気がつきました。

すなわち、かたちの塩梅。
どうやってかたちの味加減を確かめているか、という部分です。

<きれはしかばんのルール>
①きれはし同士の心地よい色合わせで繋ぐ
②主役のきれはしにあわせてかたちを作る
③かばんのキャンパスにきれはしで模様を描くように作る
④はみ出したり、絡まったり、隣り合う素材の面白さで繋ぐ
⑤あくまでも、使うものであることを意識する

今のところ大きく分けるとこの5つ。
①〜⑤を行ったり来たりする場合もあれば、かばんによっては、①が強くなったり、③と④のが同じくらい作用したりと、主役のきれはしによって変わってきます。

作り続けながら自然に生まれた、きれはしかばんのかたちのルール。
時にはルールからはみ出したり絡まったりしながら、きれはしかばんは生まれています。

Category
Archive